レンタル着物
 

お宮参り着物レンタル

お宮参りレンタル衣装のboy & girl

格安&シンプルなレンタル料金
 

お宮参り(初宮参り)とは

 

 
 

お宮参り(初宮参り)とは赤ちゃんが無事に生誕1か月目を迎えたことを産土神に感謝して報告する行事である。初宮詣(はつみやもうで)とも。通常、単に宮参り(お宮参り)というと初宮参りのことを指す。赤ちゃんの誕生と健やかな成長を願って生誕約1か月目に、両親と父方の祖母が付き添って神社にお宮参りをする風習がある。現代では父方の祖母だけでなく母方の祖母が付き添うことも多くなっている
 

時期

一般的に男の子は生後31日や32日、女の子は32日や33日に行われるようであるが各地域で様々である。最近では主に生後1か月頃に行われていることが多い。京都においては、女の子が早くお嫁に行けるようにと、男の子よりも早い時期にお宮参りを済ませる風習がある。実際は日数にこだわる必要はなく生後30日前後で母親や子供の健康を最優先で決めればOKです。夏の猛暑時期や冬の極寒時期も無理に行う必要はなく、気候の良い季節になってからでかまいません。例えば生後四か月でも全く問題ありませんし、お宮参りとお食い初め(100日祝い)を一緒にやる方も増えています
 

服装

赤ちゃんに「白羽二重」の着物を着せ紋の付いた祝い着を上から羽織らせる形が正式なものである。両親も正装が望ましいとされる
 

場所

お宮参りをする神社はどこでもOKです。地元の氏神様もおすすめです。昔のお宮参りは、氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として祝福をうける行事と、お産の忌明けの儀式の意味合いもありました。しかし現在では無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっているようです
 

六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)

お宮参りに限らず神社様のお参りでは六曜は全く気にする必要はありません。六曜は伝来が中国とされており神道である神社では六曜の概念は全くありません。また仏滅についてですが仏滅は『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もあるそうです
 

写真

スタジオや出張撮影など各家族のスタイルや好みに合せ選ぶのがベストです
 

お宮参り着物

新品を購入するのも良いですがレンタルなどで済ます方も増えています